★トークイベント「東京不道徳批評」を開催致します。

hanafusa-1[1]

HARCOZAでは、4月8日(土)にトークイベント「東京不道徳批評」を開催致します。

「東京不道徳批評」は、花房太一飯盛希の美術批評ユニットによる不道徳な批評トークイベントとして2016年1月より定期開催されてきました。今回で4回目を迎えます。やや敷居が高く、難解と思われがちな「現代アート」を奇想天外な面白い切り口で批評する花房さんと飯盛さん。「現代アート」の魅力を真面目に不真面目に解読します。

参加費は1000円。花房さんと飯盛さんの批評テキストが配布されます◎(非売品です。)

どなたでもお気軽にご参加いただけるイベントですので、どうぞふらりとお立ち寄り下さい。(席のご予約も可能です。詳しくは最下部をご覧下さい。)皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

「極東=世界の端っこにありながら、グローバル都市でもある東京。世界的に美術批評が退潮する現代。啓蒙的で道徳的な批評ではなく、不道徳と見られることを恐れずに世界を開拓していくカッティング・エッジを実践する場が東京不道徳批評です。想定される参加者は、無数の大衆ではなく、共にカッティング・エッジに立つ少数者です。そのため、内容をSNSなどで拡散することを禁止しています。とは言え、現場には和やかな空気が流れています。実践者が何かを生むエキサイティングな瞬間に、立ち会って頂ければ嬉しいです。不道徳への門戸は、誰にでも開かれています。」

花房太一

■プロフィール■
花房太一
1983年岡山県生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒業、東京大学大学院(文化資源学)修了。牛窓・亜細亜藝術交流祭・総合ディレクター、S-HOUSEミュージアム・アートディレクター。その他、108回の連続展示企画「失敗工房」、ネット番組「hanapusaTV」、飯盛希との批評家ユニット「東京不道徳批評」など、従来の美術批評家の枠にとどまらない多様な活動を展開。個人ウェブサイト:hanapusa.com

飯盛希
1990年生まれ。 東京大学教養学部 超域文化科学科 卒業。 東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 修了。 専門は美術批評、比較芸術。

■■■

「東京不道徳批評#4」
日時:2017年4月8日(土)18:00~20:00
登壇者:花房太一、飯盛希
料金:1,000円
※花房、飯盛の批評テキスト(非売品)付き

当日入場OK / 満席の場合は予約者優先

ご予約を希望される場合は  info@harcoza.com へ
「トーク予約希望」 本文:お名前、参加人数をお送りください。