★kumisolo SPECIAL LIVE !! 5/6 (Sat)

KumisoloKabuki_0288_V1

■ kumisolo Special Live ■

DATES : 5/6 ( SAT )
PLACE : HARCOZA
DOOR OPEN 16:00 / LIVE START 17:00
CHARGE: ¥1,500 ( 1 drink )

予約制(人数上限あり)
参加ご希望の方は、info@harcoza.comへメールでお申し込みください。


タイトル:kumisolo live
本文:
お名前、人数、TEL

メールでのお申し込みは5/5(Fri)いっぱいまで承ります。

5/6(Sat) 当日は、お電話にてお申し込みください。

Kumisolo

HARCOZAでは、ゴールデンウィークにkumisoloのライブを開催致します!

パリ在住のミュージシャンkumisolo(クミソロ)は、ボブ・ディランからElli et jacnoまで様々なインスピレーションが入り混ざった、頭に残るメロディーを生み出してきました。

英語、フランス語、日本語を織り交ぜ歌われる、極上のポップミュージックをお楽しみください。

KumisoloKabuki_3_1000pxl

kumisoloはパリでのガールズバンドの活動を経て、ソロとして2008年にリリースしたファーストアルバム「My Love For You Is A Cheap Pop Song」が話題を集めました。

そして2017年4月5日には、9年ぶりとなるセカンドアルバム「Kabuki Femme Fetale」をflauよりリリースしました。頭に残る日本的メロディー、夢心地なフランス語の歌詞に本格的なスウェディッシュタッチのアレンジを加えた、他に例を見ない仕上がりです。全曲がkumisolo自身による作曲、アレンジは音の魔術師Mussette率いるスウェーデンのエキゾチカバンドJoe Davolazによるものです。

今回のライブは「Kabuki Femme Fetale」のリリースパーティーも兼ねての開催となります。一緒に盛り上がりましょう✩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

profile

また、ライブに合わせてkumisoloと親交の深いパリ在住アーティスト、イザベル・ボワノとのコラボグッズを特別に販売致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パリの雰囲気を存分にお楽しみいただける一夜☆

どうぞお見逃しなく!

皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

kumisolo HP

flau / kumisolo

★トークイベント「東京不道徳批評」を開催致します。

hanafusa-1[1]

HARCOZAでは、4月8日(土)にトークイベント「東京不道徳批評」を開催致します。

「東京不道徳批評」は、花房太一飯盛希の美術批評ユニットによる不道徳な批評トークイベントとして2016年1月より定期開催されてきました。今回で4回目を迎えます。やや敷居が高く、難解と思われがちな「現代アート」を奇想天外な面白い切り口で批評する花房さんと飯盛さん。「現代アート」の魅力を真面目に不真面目に解読します。

参加費は1000円。花房さんと飯盛さんの批評テキストが配布されます◎(非売品です。)

どなたでもお気軽にご参加いただけるイベントですので、どうぞふらりとお立ち寄り下さい。(席のご予約も可能です。詳しくは最下部をご覧下さい。)皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

「極東=世界の端っこにありながら、グローバル都市でもある東京。世界的に美術批評が退潮する現代。啓蒙的で道徳的な批評ではなく、不道徳と見られることを恐れずに世界を開拓していくカッティング・エッジを実践する場が東京不道徳批評です。想定される参加者は、無数の大衆ではなく、共にカッティング・エッジに立つ少数者です。そのため、内容をSNSなどで拡散することを禁止しています。とは言え、現場には和やかな空気が流れています。実践者が何かを生むエキサイティングな瞬間に、立ち会って頂ければ嬉しいです。不道徳への門戸は、誰にでも開かれています。」

花房太一

■プロフィール■
花房太一
1983年岡山県生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒業、東京大学大学院(文化資源学)修了。牛窓・亜細亜藝術交流祭・総合ディレクター、S-HOUSEミュージアム・アートディレクター。その他、108回の連続展示企画「失敗工房」、ネット番組「hanapusaTV」、飯盛希との批評家ユニット「東京不道徳批評」など、従来の美術批評家の枠にとどまらない多様な活動を展開。個人ウェブサイト:hanapusa.com

飯盛希
1990年生まれ。 東京大学教養学部 超域文化科学科 卒業。 東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 修了。 専門は美術批評、比較芸術。

■■■

「東京不道徳批評#4」
日時:2017年4月8日(土)18:00~20:00
登壇者:花房太一、飯盛希
料金:1,000円
※花房、飯盛の批評テキスト(非売品)付き

当日入場OK / 満席の場合は予約者優先

ご予約を希望される場合は  info@harcoza.com へ
「トーク予約希望」 本文:お名前、参加人数をお送りください。

HARCOZA POP UP SHOP @ クレマチスの丘 NOHARA BOOKS

ph_07

FullSizeRender 1

ミュージアムショップ NOHARA BOOKS に、HARCOZA ポップアップショップがオープンします。期間は3月24日から5月28日です。クレマチスの丘の春の庭園も美しい時期になります。ぜひ合わせてお楽しみください。

参加ブランド、アーティスト

titiMadam / ilo itto / Mureshi / Phenomena Collection / Kichijitsu /

横山裕一 × HARCOZA / 西武アキラ / Silica by Michiko Fujita /

pokefasu / yuki nagao / simmon / chaho / CHIMASKI / HARCOZA

クレマチスの丘 NOHARA BOOKS

https://www.clematis-no-oka.co.jp/

なお、ヴァンジ彫刻庭園美術館では、The Banbiest 2017「樹々の隙間」映像・写真展が4月11日まで開催中です。2015 S/S のショーでパフォーマンスをしていただいた The Banbiest のプロジェクトで、HARCOZAがコスチュームを担当しました。ぜひご高覧ください。

The Bambiest 2017「樹々の隙間」ヴァンジ彫刻庭園美術館15周年記念企画映像・写真展

『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』に参加致します。

イベントロゴ

カルチャーニュースサイトCINRAによる、注目のアーティストが多数参加する「東京カルチャーマーケット」に参加致します。」

HARCOZAからはオリジナル商品とともに、お取り扱い中のアーティストグッズや作家ものジュエリーを出品予定!

西武アキラ

Isabelle Boinot

横山裕一 × HARCOZA

河井美咲  × HARCOZA

Makiko Tanaka × HARCOZA

言葉製望遠鏡

ぽーとらら

ちょっかん

Michiko Fujita / Silica

chaho

Puffy Shoes

Acco

Akiko Watanabe

Ayaka Miwa

Cabo.

cheesy’s / MATKA

Le Vero

matsuo ikuko

meg miura

monmanuquin

mm (ミリ)

Ornament Factory

pokefasu

sekiyumi

titiMadam

素敵なアイテムを、少数ずつ取り揃えました。

他の参加アーティストブースもとっても面白そうなマーケットになっているので、ぜひ遊びにいらしてください☆

『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』

期間:前期 – 3月31日(金)〜4月4日(火)
(前期日程のみの参加です)

場所:mAAch マーチ エキュート 神田万世橋

営業時間:月~土曜 11:00~21:00、日曜 11:00~20:00
※ 初日のみ 16:00〜

入場料:無料

http://store.cinra.net/feature/detail.php?postid=5953

The Bambiest 2017 「樹々の隙間」 ヴァンジ彫刻庭園美術館開館15周年記念公演の衣装を担当致します。

001

 

 

ヴァンジ彫刻庭園美術館で開催される、コンテンポラリーダンスカンパニーThe Bambiestの公演の衣装を、HARCOZAが担当いたしました。

The Bambiestによる、映像・写真・舞台から構成されるプロジェクト「樹々の隙間」のメインイベントです。

2017年3月25日(土)の最終公演(19時)は、まだ残席がございます。最終公演の終了後には、菅沼伊万里(The Bambiest)と阿部海太郎(作曲家)のアフタートークがございます。皆様のお越しをお待ちしております。

▽詳細やチケットのご購入方法はこちら▽

The Bambiest 2017 「樹々の隙間」ヴァンジ彫刻庭園美術館開館15周年記念公演

★尾角典子 個展「神話の喪失」を開催致します。

00_HARCOZA_flyer05b

 

HARCOZAでは3月4日から3月27日まで、尾角典子 個展「神話の喪失」を開催致します。

尾角典子は日本生まれの日本人としてロンドンに在住しているその環境から、西洋と東洋の文化を調合していく試みを行っています。

映像、コラージュ、身に着けられるジュエリーとして昇華したものなど、様々な形式で生み出される作品は、独特の禍々しさを帯びつつもポップで、魅力的な世界観を創り出しています。

本展では、彼女が多角的に取り組むプロジェクトの中から、”The Allegory of Mrs.Triangle” シリーズの身にまとえる作品と、別名義で展開してきたアクセサリーライン “oauoio” を展示致します。

okaku-1_mrs-Triangle okaku-3_mrs-Triangle

The Allegory of Mrs. Triangle

“The Allegory of Mrs. Triangle”は、2011年にデンマークで製作したコマ撮りアニメーション作品が元となっており、アニメーション製作時に使用したコラージュ素材に別の存在意義を見つけようと始まったシリーズです。今ではイギリスで見つけたビンテージ・ジュエリーと融合するという形に発展し、コラージュの新たな可能性を開拓しています。

アニメーション”The Allegory of Mrs. Triangle”も上映いたします。

okaku-4_oauoio okaku-2_oauoio okaku-5

oauoio

“oauoio” では、軽くて、可愛くて、そして少しクセのある。そんなイヤリングを展開してきました。しかし、今回のHARCOZAでの展示にあたり、「鑑賞者の想像力をもっと刺激したい」という欲求からoauoioシリーズでの箱作品を新たに展開しました。小さな箱空間の中に身につけられる物語が存在し、またそれを身につける事で、その物語が大きく広がっていって欲しい。そんな願いが詰まっています。

今回発表する “The Allegory of Mrs. Triangle” そして “oauoio” は、全て一点物となります。

「科学の発展と共により合理性が求められ『神話』の必要性も失われてきているこの時代に、もう一度新たな『神話』の再生を作品で表現したい。」と尾角は言います。

テクノロジーの進化により失われた「人間性」を、尾角が歴史の断片をかき集め、今再びテクノロジーの力を用いて息を吹き込み、蘇らせるのです。

全く新しい次元へと誘うマジカルな世界を是非目撃しにいらして下さい。

————————–

OPENING LIVE PERFORMANCE

HOT AND TASTY with VJ Noriko Okaku / DJ TAIGEN KAWABE

3月4日(土)OPEN 19:00 START 19:30

CHARGE FREE!!

予約制

初日には、尾角の映像と共に「HOT AND TASTY」がライブパフォーマンスをお披露目します。「HOT AND TASTY」はロンドンで活躍する日本人バンド「Bo Ningen」の AKIHIDE MONNAとKOHHEI MATSUDAによるデュオ。

また、同じく「Bo Ningen」TAIGEN KAWABEによるDJも!

参加ご希望の方は、 info@harcoza.com へ「OP予約」 お名前、人数 をお送り下さい。人数に上限があるため、お早目のお申し込みをお待ちしております。

————————–

01_noriko-okaku1

Noriko Okaku

ロンドンのチェルシー美術大学でファインアートメディア学士、ロイヤルカレッジ・オブ・アートでアニメーション修士を学ぶ。アニメーションを基軸にしながらも、それに囚われず〈独自の解釈〉をコンセプトに、コラージュとコラージュの狭間にあり、鑑賞者の頭の中で起こる目に見えないInvisible animationを喚起するための様々な表現方法を試みている。最近はタロットカードで毒々しくもクセになる独自の世界観を表現している。

www.norikookaku.com

04_taigen kawabe

Taigen Kawabe

ロンドンを拠点とする4 人組サイケデリックロックバンド”Bo Ningen”のBass/Vocalであり、日本のアイドルとプロレス、そしてイギリスの低音音楽を愛する29歳。Bo Ningenの他にも河端一(Acid Mothers Temple)との”Mainliner”、Jan st werner(Mouse on Mars)との”miscontinuum”、ソロ名義ではFaust、でんぱ組.inc、Downy、Aqualung等へのRemix提供など、活動は多義にわたる。ソロ名義のライブではベース弾き語り、ラップトップなど機材とジャンルの幅に囚われない即興演奏を行う。

soundcloud.com/taigenkawabe

・・・・・・・・

HOT AND TASTY

02_akihide monna

Akihide Monna

ロンドンを拠点に活動するBO NINGENのドラマー。ギターのYuki Tsujii、同じくロンドンをベースに開催するイベントKrautrock Karaoke主宰のKenichi Iwasaと共にXAVIERSとしても活動。舞踊家田中泯を師事したNIssa Nishikawaのパフォーマンスにパーカッション奏者としての参加や、ダンサー/俳優のJunya Ishiiと共にリズムと身体表現の解放に求道するプロジェクトを開始。酒、書道、料理、廃墟、鳥獣類をこよなく愛す。

03_kohei matsuda

KOHHEI MATSUDA

英国ロンドンを拠点に活動するロック・バンド、BO NINGENのギター。元YUCKのフロントマン、ダニエル・ブランバーグの新プロジェクトHebronixのシンセサイザー奏者。他に、気鋭の映像作家、石田悠介による短編 Holy Disasterの劇伴や、ロンドン即興シーンの総本山Cafe Otoでの活動、電子音楽の新たな才能 Albino Soundやアヴァンギャルド電子パンク group Aとのコラボレーションなど。

https://soundcloud.com/kohhei

<冬季休業のお知らせ>

誠に勝手ながら、2016年12月27日(火) から2017年1月4日(火)まで

HARCOZAは冬季休業とさせて頂きます。

この期間に頂いたお問合せ及びオンラインショップでのご注文は、

1月5日(水)以降、順次ご対応させていただきます。

ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

今年一年ありがとうございました。
2017年もHARCOZAをよろしくお願い致します。

★12月10日から12月26日まで「hello music!」を開催致します。

ポスター

Exhibition “hello music!”
12/10(Sat) ~ 26(Mon)
内山彩乃/おのしのぶ/小磯竜也/ちょっかん/ナポリタンみみこ/鳴海テヨナ
flau/Madegg (Kazumichi Komatsu) /Makiko Yamamoto (DJ inchi-key sisters)

OPENING LIVE
12/10(Sat)
her ghost friend / Wedance (Acoustic set )

WORKSHOP
12/17(Sat)
Violet And Claire presents – “mix tape workshop”

LIVE & DJ PARTY
12/23(Fri)
Madegg / DJ inchi-key sisters / DJココナツ・ホリデーズ

POP UP SHOP by flau
12/10(Sat) ~ 25(Mon)

12月10日から12月26日まで「音楽」をフィーチャーした展覧会「hello music!」を開催致します。今年7周年を迎えたHARCOZAでは、これまで様々なジャンルの音楽イベントを開催して参りました。本展覧会では、音楽の「多様性」をテーマに、様々な分野で活躍している作家に彼らにとっての「音楽とは?」をそれぞれのメディアで表現していただきます。

彼らに共通していることは、アート、デザイン、音楽といった分野の境界を自由に行き来しながら、彼ら独自の表現言語を確立し、制作していることです。それは「音楽」自体の持つ「脱領域的要素」と通じるのではないでしょうか。

作曲家ダニエル・バレンボイムは音楽についてこう語っています。
「ただ一つだけはっきりしていることがある。どこかに属しているという感覚、ホーム(本来の場所)という感覚が和声的に言ってもてるのであれば―そして、作曲家としてまた音楽家としてそれを確立することができるならば―かならず感じられるのが、ノーマンズランド(中間地帯)にいるという感覚、よそに放り出されてしまったけれど、いつもホーム(本来の場所)にもどる道を見つけ出すという感覚だ。音楽は、一方では人生から逃れる可能性を提供するが、他方では人生を理解することにかけても他の多くの学問よりずっとすぐれた可能性を提供する。「ちょいとごめんよ、これが人生というものなのさ」と音楽は言うわけだ。」

(「バレンボイム/サイード 音楽と社会」A.グゼリミアン編)

現在はiTunesやYouTubeの普及によって、音楽はより身近に楽しめるようになるとともに、既存のマスメディアの流れではアクセスができなかった新しい世界を知ることができる時代になりました。

本展でも、それぞれの取り組み方で自由に音楽へその周辺へとアクセスするアーティスト達を通し、音楽の持つ新しい側面を発見していただければと思います。音楽、アート、デザインを存分にお楽しみいただける展覧会に是非遊びにいらして下さい。皆様のお越しをお待ちしております。

——————————————

Exhibition “hello music!”
2016/12/10(Sat) ~ 26(Mon)
HARCOZA B1F
11:00-19:00 / closed: Tuesday / 入場無料

出品アーティスト
内山彩乃 http://henteco.lolipop.jp/
おのしのぶ https://shinobuono.themedia.jp/
小磯竜也 http://www.littlebeach.net/
ちょっかん instagram : @nkhc @popgoesart
ナポリタンみみこ http://napomimi.tumblr.com/
鳴海テヨナ http://teyonada.tumblr.com/top
Madegg (Kazumichi Komatsu) http://kazumichi-komastu.tumblr.com/
Makiko Yamamoto http://makikoyamamoto.tumblr.com/

——————————————

期間限定ポップアップショップ by flau &  復刻アイテム販売

会期中は東京発の注目レコードレーベルflauのポップアップショップも期間限定でお披露目致します。

HARCOZAでは、5年前に完売していたカセットテープバッグを復刻し販売致します。その他サプライズグッズも盛りだくさんご提供する予定です。

—————————————————

LIVE & WORK SHOP

初日の12月10日には、韓国のインディーズシーンで注目を集めている男女ユニットのWedanceの来日公演やニューアルバムをリリースしたばかりのher ghost friendの公演を開催いたします。

12月17日にはSumire Taya ( Twee Grrrls Club ) さんによるオリジナルのカセットテープを作るワークショップを開催いたします。

12月23日には京都をベースに、電子音楽、ビジュアルアート、映像、テキストなど多彩な表現でご活躍されている奇才Madeggのライブ、DJ inchi-key sistersとDJココナツ・ホリデーズ によるDJ PARTY!!も開催。

 

イベントはすべて予約制です(定員あり)
お名前と人数と電話番号を CONTACT US から、またはメールで info@harcoza.com へお送りください。

 

☆LIVE EVENT☆
12/10 (Sat)
her ghost friend / Wedance (Acoustic set )
OPEN 16:30 / START 17:00
Charge: Free

 

☆WORKSHOP☆
12/17(Sat)
Violet And Claire presents – “mix tape workshop” at HARCOZA

Sumire Taya ( Twee Grrrls Club ) さんによるオリジナルのカセットテープを作るワークショップです。レコードから5曲セレクトし、ご自身でmixして、オリジナルのジャケットを作ります✰

レコードはこちらで準備したものはもちろん、録音したいご自身のレコードをお持ちいただいてもOKです。レコード初心者の方もご参加いただけます!

*14:00 – 16:00 (定員5人 予約制)
*16:30 – 18:30 (定員5人 予約制)

参加費 1500円
(ご自身がmixしたカセットテープを持ち帰りいただけます*)

持ち物:録音したいレコードがありましたらご持参ください。
ない場合はこちらで用意したレコードからお好みのものをお選びいただけます*

☆LIVE & DJ PARTY☆
12/23(Fri)
Madegg / DJ inchi-key sisters / DJココナツ・ホリデーズ
Special Catering:燻製屋ちよ(きん)
OPEN 17:30 / START 18:00
Charge: Free 予約制